幼児会「マラソン」の回想をしたりします。

木枯らしが吹き始め、ゼミナールが冬休みになると、直ちに始まっていたのが子ども会の「マラソン」でした。走る時間は30食い分ぐらいだったって事象する。明方、物悲しいうちに起きて、夏休みにはラジオ体操を通じていた、牛小屋の言えるSちゃんのマイホームの大きいガーデンに入り込みました。10個々ほどいたでしょうか。中学校も参加していました。小学生中学年だったわたくしは、普段着朝寝坊だったのですが、何となくこの時期だけは、ぱっと目線を覚まし、現れに出かけました。こういう明方「マラソン」に燃えました。Sちゃんのマイホームから小学生まで駆け回り、Uターンして帰る方向で、2隔たりほどだったでしょうか。まだまだ暗くて静かな町をハアハア言って滑るのが隠れ家でした。ポイントにたどり着く頃には薄明るくなり、家に戻る頃には朝日が見えました。首に巻いた手拭いをはずし、汗ばんですシャツを着替え、吸い物をすする。これが冬休みのワンデイのTOPでした。幼馴染みたちが走る足音と、ハアハアという音調を立てて生じる白い息。思い出深い覚え書きだ。低学年の子どもは途中で折り返してポイントに向かいます。内・高学年は通っている小学生の範囲を一周しました。歩くと随分遠く見受ける経緯でしたが、がむしゃらに駆けるといったどうしてか早く感じたものです。走った後は何のご褒美もありませんでしたがほとんどの班たちも休むことはありませんでした。気分の良かった過去のことを想起するのは、精神衛生上よさそうだ。恋愛がしたいならこのサイトをチェック

標準