水族館なのか生物園なのかミュージアムなのか。

都内から同僚がレクリェーションに来たので、大阪吹田に新しく出来た「ニフレル」っていう博物館をめぐってきました。
博物館って言っても、イラストレーションや彫刻が展示して要るわけではなくて
水族館といった生物園を足して2で割って、こじんまり、幾らかおしゃれにした感じのところです。
ウィークデーだったこともあり、待ち時間もなくスムーズに入館出来ました。
ようやくだったのだけど、いろいろ驚嘆、楽しかっただ。
ナチュラル水族館って、壁際にそって水槽があるというのだけど、ここはそうじゃないのです。
それこそミュージアムやミュージアムのように、道のミドルにいくつもの出店水槽があって、あちらこちらにアクセスを向けて見て行く感じです。
アニマルの概要も下限しか書かれていないのは、一長一短かなぁ。
によって視線を与える兆候なんだけど、その場その場でしばし合意やれる霊感も欲しかったかもだ。
後述になるとホワイトタイガーやカバ、鳥類なんかの出店だ。
鳥類はともかく、内部出店だしつい可哀相だし、ここにトラやカバは取り除ける兆候だけど、これも紹介につきかしら。
すごくはない設備なのでのんびり見て回っても90パイぐらいでした。
魚やクラゲ、エビなどの動きを見てるだけで幸せに達するヒューマンには、もってこいの仕事場です。
けれども私たちは空いてるら行けたから幸福出来たけど
にぎわいらこういう出店で1900円は、コスパ、悪いなぁ、という思っちゃった。
ウィークデーがタイミング。ライン掲示板ユーザーになるな!LINEID掲示板のワナ

標準